ボーナスは高級デリヘルでぱーっと

a0001_017603

ついに、私にも社会人として初めての念願のボーナスが入った!今まで会社に努めて初めてこんなにもの大金を手にすることができた。さぁ、一体どんなふうにこの大金を使ってやろうか、どんな贅沢をして自分を褒めてやろうか…私の唯一の趣味と言ったら風俗通いくらいのものだ。いつもは都内のデリヘルで30分3,900円から遊べる激安店を利用している。もちろん値段相応のレベルのお世辞にも可愛いとはいえない女の子しか来たことがない。私は何個かの選択肢を考えた。

1、いつもの激安店でロング料金で楽しむ
これは一度やってみたかった風俗の贅沢だ。いつもはお金をケチって短い時間でサービスを受けていた。なので120分くらいで入り、時間が許せば二回戦、三回戦にも挑戦してみたい。

2、いつもよりグレードを上げていい風俗店に行ってみる
これも一度は風俗でやってみたかった贅沢。激安店のハズレではなく料金は高いが、必ずアタリがくるような風俗店で遊ぶのだ。

私は思い切って後者で楽しむことに決めた。風俗情報サイトでいろんなお店を見ていたのだが、見つけた高級デリヘルという業種。ホームページの作りはきらびやかで豪華だし、明らかにこの店は高いですよという印象を受けた。もうこの際料金を気にせず楽しもうと思っていたので、早速この高級デリヘルとやらに電話をしてみた。その電話のやりとりで元グラビアアイドルをしていた子でバストがGカップの「さとみ」ちゃんと呼ぶことになった。

チャイムが鳴りドアを開けるとそこには天使とも呼べるキュート娘が立っていた。高級デリヘルはここまですごいのかと感動したのを覚えている。挨拶を済ませ一緒にシャワーを浴び、いざプレイになってみると豊満なGカップを使ってどんどん攻めてくれる。私は終始声が出てしまうんじゃないかと思うような快感で感動していた。しかし、風俗に散々通ってきた私がここで攻められてばかりではダメだとこちらからも攻めてみた。そうすると、感度がいいのか演技なのかはわからないが、たいそう感じてくれて私は男としてすごい自信に繋がった。コトが終えトークも存分に楽しみ部屋からさとみちゃんは帰って行った。

私は一人になった部屋で高級デリヘルの凄さについて考えていた。今回の体験はいつも通っていた激安デリヘル何回か分の値段だがそれ以上の満足があった。今後は激安デリヘルに行くことを辞めて、高級デリヘルでたまにの贅沢を楽しみたいと思う。